〈理学美容師〉尾崎 美代子

〈理学美容師〉尾崎 美代子
  • 毛髪診断士
  • 理学美容研究員
  • 特許増毛協会会員
  • 脱毛ケアリスト
  • シュウ ウエムラ メイクアップアカデミー修業
  • ヘッドマイスター取得

『"普通"美容師 尾崎美代子』の時代

私は「いつも思い通りのスタイルにならない!」と不満を持った生意気な女子中学生でした。

なぜ、美容師さんに
自分の想いが伝わらないのだろう?

そんな不満な思いを抱く中、美容の世界へ飛び込んだのです。今思えば、あの頃の自分のお願いが無理難題だったことは、自分が美容師になった今ならわかりますけどね・・・。
しかし女性の本能は、『なれないものになりたい』と憧れを抱き、それを美容師が叶えてくれると期待するものではないですか?

そんな"アンチ美容師"だった私が
目指した美容師は
「お客様のコンプレックの解消」でした。

お客様自身が一番嫌いと思っている所がチャームポイントに変われた時の満更でもない顔はこの上ない達成感です。ご自身が持つまだ発掘してない魅力を私が見つけたいという思いで仕事をしていました。
進化する薬品を使うことで驚異的な変身を提供出来ることが楽しかったケミカル美容師時代。しかしお客様と一緒に年齢を重ねるとお洒落のベクトルが変わり、老いを隠すことに追いかけられる時期に到達。ワクワクする新しい挑戦というより外観の維持を求められる仕事と変わったのでした。

歳を重ねなければ知りえなかった、
若さを失っていく女性の不安に
美容師として何を提供すべきなのか
という壁にぶつかったのでした。

同時に花粉症のような体質異変によるアレルギー反応が、従来便利に利用していた美容薬品が刺激となり限界を迎える皮膚の多くを知り、キレイの在り方自体の考えが変わった分岐でした。

辿りついた「理学美容」という一つの"本質"

ちょうど年齢を重ねる女性と美容の在り方に悩みを持ち始めた頃、担当していたお客様にこんなことがありました。

オープン当時からのお客様の頭に
発症した小さな円形が、
あっと言う間に全頭へ、
最後は全身にまでの脱毛トラブルに
襲われたのでした。

私は直ぐにケアー法の問い合わせを各メーカーに求めたのですが答えは得られませんでした。全頭の髪を失くしたお客様を目の前に為す術はなく、対処であるウィッグを探すことにすら困難を思い知らされたのでした。

それでも私を頼ってくれるお客様に美容師の私は何ができるのかと模索する中で「脱毛のメカニズムを教えます」という文字に引き寄せられるように出会ったのが理学美容でした。
しかしその内容は美容師の粋を超えたかのごとく深く難しい生化学でした。一度は直ぐに挫折したのです(笑)

でもすでに脱毛を抱えたお客様を始め、他にも行く場を失くした美容トラブルを抱えた人が身近となり、

安心して頼られる美容師になりたいという
目標が湧き上がるのでした。
意を決しての再チャレンジまでには
時間は要らなかったです。

理学美容を用いれば美容トラブルを持ったお客様にも安心してお洒落を提供できます。それ以上に施術を重ねることでトラブルの回復改善の結果を見せる不思議な理学美容にのめり込むことになったのです。

尾崎美代子が思い描く、夢と目標

美を諦めたすべての女性のための
「美容の駆け込み寺」になりたい。

「美しくありたい」そう願う心は女性の本能です。
醜いところは美しく、美しいところはより美しくすることが美容師の役割です。
病気や美容トラブルに見舞われた時にこそ女性にとって美容トラブルを解決できる美容の駆け込み寺でありたいのです。
また女性が年齢を重ね若さという美を失っても代わる大人の美を見つけられる美容師でありたいです。

これからの仕事!

女性の美容にまつわるトラブルは多種多様です。
そんな時代だからこそ、お客様のご希望に近づける解決策を提案できるトラブル専門美容師でありたいと考えます。
そのために、理学美容を用いてトラブルを改善まで導くのはもちろん、その場で髪を増やせる増毛技術、既成品では難しいウィッグの似合わせ技術でなら脱毛期の方の美容もフォローできます。
また、肌トラブルの改善中でもスタイルに必要なアイテムは薬品を使わない特殊美容技術でカバーいたします。
どんなトラブルにもお洒落を諦めない提案ができる美容師を目指して邁進したいです。