TOPICS

無添加製品の使用を止める訳

「無添加製品は安心な化粧品」と思っていませんか?


化粧品の製造認可、例えば薬用の表示には薬理作用のある指定成分を入れなくてはいけない!という定義があります。しかし無添加製品には何の定義もありません。なので言ってしまえば雰囲気で名付けてもOKなのです。日本で言う無添加とは多くがパラベンフリーであることと認識されているようです。では、パラベンを入れないと無添加で安全な製品…本当でしょうか?パラベンとはどんな役割なのでしょうか?パラベンが入らない製品の防腐作用には何が入っているのでしょうか?

化粧品や食品など多くに利用されている「パラベン」とは防腐剤です防腐剤とは菌が増殖しないように見張る役割です。また、菌が発生してしまったらその菌に対して攻撃をします。確かに化学物質なので過剰摂取や過剰使用で健康被害は起こります。
化粧品の製造工程上は成分を混ぜ合わせるため熱を加え無菌状態になります。しかし商品として販売された後、フタを開ければ空気に触れ酸化や雑菌の繁殖は免れません。例え1回分のカプセルに入っているとしても、肌に付いた時点で外気にも触れ皮脂と混ざり腐敗の条件を簡単に満たしてしまうのです。
そこでどんな製品も腐敗を防ぐ成分を絶対に入れざる終えません。昔からの防腐剤の代表がパラベンです。

では無添加製品はどんな成分で商品を腐敗から守っているのでしょうか?
パラベンフリー(無添加)の製品によく使われるにがフェノキシエタノール、これは抗菌剤です。他にも抗炎症剤、殺菌剤などがパラベンの変わりに利用されることが多いです。フェノキシエタノールは人体に優しい分、効果はとても弱いです。単品で使われる事はなく、抗菌剤や抗炎症剤などと組み合わされて使われないと効果がないという欠点があります。パラベンの効果と同等の効果をもたらすにはかなりの量や種類を混ぜ合わせます。

抗菌剤が頭皮や肌につくと、商品の菌だけではなく、人間の持つ常在菌も全て殺してしまいます。

私達の肌の健康はパランスの取れた菌群で守られているのですがシャンプーの度やお顔のケアーの度についでに殺菌されてしまいます。短い期間でしたら問題ないかもしれませんが、長期使用によって皮膚はどんどん弱くなり過敏症を引き起こし最後にアトピー性皮膚炎になってしまうことがある危険があおらります。

現に、当サロンにトラブルを起こして飛び込んで来る方の7~8割はパラベンフリーの無添加製品を愛用していたことが分かっています。特にトラブルがある方に好まれる無添加製品は使用始めがとても良いのです。トラブルのほとんどが細菌感染症ですので悪い菌も殺菌してくれる事でトラブルが減少傾向になれます。誰しも良いと感じたら使い続けますよね?しかし、良い菌も殺されトラブルの原因も取除かずに殺菌だけされた悪性菌は耐性菌(薬で殺せない菌)となり最後はとんでもないトラブルとなってしまう方が急増昇しています。


化粧品には沢山のからくりがあります。美容にとって都合が良くても皮膚健康に悪影響なことが山程あります。どんな悪いことでも健康なら気にもなりませんが、少しでもあれ?と思い当たるトラブルが合ったたら一度、お使いの化粧品を見直すことが大事です。


過去の記事

全て見る